商品詳細

商品名 UPV66
説明 R&S®UPVは、一台で、周波数応答測定、全高調波歪み (THD) 表示、スペクトル表示、デジタル・インタフェースの解析など、ほとんどすべてのオーディオ測定に対応するオーディオ・アナライザです。内蔵のジェネレータは、正弦波、ノイズ、マルチトーンなど、様々な信号を生成することができます。R&S®UPVは、制御用PCを内蔵したオール・イン・ワン設計ですので、周辺機器を追加する必要はありません。また、オプションのモジュールや拡張ソフトウェアを追加して、アナログ測定チャネルを最大16まで拡張するなど、さらに多くのアプリケーションに対応することができます。R&S®UPVは、Windows XPをOSに採用しており、直感的で分かりやすいユーザ・インタフェースを提供します。大きな画面に機能キーと測定結果を表示します。各種設定は設定パネルで行い、関連機能や項目がまとめて表示されます。分かりやすい操作コンセプトと、共通化されたアナログ測定とデジタル測定の操作手順により、測定器の操作を短時間で習得することができます。表示ウィンドウをスクリーン上で自由に配置して、測定結果を一覧で確認することや、デュアルチャネル測定の測定結果をリアルタイムに表示することができます。例えば、周波数ドメインとタイムドメインの解析を同時に表示することや、複数の測定機能やグラフィック表示を同時に使用することができます。さらに、グラフィック表示上でカーソルとリミットラインを使って、測定結果を読み取ることができます。また、保存した測定結果と重ね合わせることや比較することができます。R&S®UPVオーディオ・アナライザ概要オーディオ信号はデジタル信号処理が主流になりましたが、アナログ技術も改良が続けられています。R&S®UPVは、一台でアナログとデジタルの両方の測定要求を満たすオーディオ・アナライザです。主な特徴:さまざまなインタフェースに対応:Jアナログ、デジタル、A/D、D/Aなど複数の測定機能を同時に表示J最大400 kHzのサンプリングレートJユーザ・プログラマブル・フィルタJ(アナライザ/ジェネレータ)制御用PCを内蔵J追加オプション用スロットJ
分類 メーカー
価格 お問い合せ下さい 状況 調達可能

詳細

R&S®UPVは、一台で、周波数応答測定、全高調波歪み (THD) 表示、スペクトル表示、デジタル・インタフェースの解析など、ほとんどすべてのオーディオ測定に対応するオーディオ・アナライザです。内蔵のジェネレータは、正弦波、ノイズ、マルチトーンなど、様々な信号を生成することができます。R&S®UPVは、制御用PCを内蔵したオール・イン・ワン設計ですので、周辺機器を追加する必要はありません。また、オプションのモジュールや拡張ソフトウェアを追加して、アナログ測定チャネルを最大16まで拡張するなど、さらに多くのアプリケーションに対応することができます。R&S®UPVは、Windows XPをOSに採用しており、直感的で分かりやすいユーザ・インタフェースを提供します。大きな画面に機能キーと測定結果を表示します。各種設定は設定パネルで行い、関連機能や項目がまとめて表示されます。分かりやすい操作コンセプトと、共通化されたアナログ測定とデジタル測定の操作手順により、測定器の操作を短時間で習得することができます。表示ウィンドウをスクリーン上で自由に配置して、測定結果を一覧で確認することや、デュアルチャネル測定の測定結果をリアルタイムに表示することができます。例えば、周波数ドメインとタイムドメインの解析を同時に表示することや、複数の測定機能やグラフィック表示を同時に使用することができます。さらに、グラフィック表示上でカーソルとリミットラインを使って、測定結果を読み取ることができます。また、保存した測定結果と重ね合わせることや比較することができます。R&S®UPVオーディオ・アナライザ概要オーディオ信号はデジタル信号処理が主流になりましたが、アナログ技術も改良が続けられています。R&S®UPVは、一台でアナログとデジタルの両方の測定要求を満たすオーディオ・アナライザです。主な特徴:さまざまなインタフェースに対応:Jアナログ、デジタル、A/D、D/Aなど複数の測定機能を同時に表示J最大400 kHzのサンプリングレートJユーザ・プログラマブル・フィルタJ(アナライザ/ジェネレータ)制御用PCを内蔵J追加オプション用スロットJ

付属品状況 レンタル 不可
外観
この商品について問い合わせる
お問い合わせ商品名 UPV66
会社名
部署名
ご担当者名(漢字)
ご担当者名(フリガナ)
ご住所

郵便番号

都道府県

市町村以下

電話番号

【例】000-000-0000(ハイフンあり/半角でご記入下さい)

FAX

【例】000-000-0000(ハイフンあり/半角でご記入下さい)

E-mail

【例】○○○@○○.co.jp(半角でご記入下さい)

ご希望の返答方法 お電話メールどちらでもよい
お問い合わせ内容詳細